藤沢市民活動推進機構

第3回ワカモノ定例会を開催しました!

    こんにちは、事務局サポートメンバーの江端です。9月に入って、食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋……といったような「○○の秋」というワードを耳にする機会が少しずつ増えてきましたね。皆さんは、今年の秋をどんな風に過ごしますか?

     

    今回の記事は、第3回ワカモノ定例会についてです。

    第3回ワカモノ定例会は9月11日(日)14:00~16:30に、藤沢市市民活動推進センターA会議室にて開催されました。

    今回は4期生5名の参加がありました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

     

     

    今回のテーマは、「これまでの活動のふりかえり」です。早いもので、4期生がインターン活動をスタートしてから3か月ほどが経過しました。そして来月には、今までの活動を発表する中間発表会が控えています。今回の定例会は、その中間発表会に向けた準備ということで、4期生が活動を自分なりにふりかえって整理し、同時にこれからの活動について考える時間となりました。

     

    今回メインで取り組んだワークは、今までの活動をふりかえって自分の考えや感想を書き出し、インターン後半の活動をよりよくするための方法を考えるというものです。

     

     

    まずは、4期生にはそれぞれ個人でワークシートを記入してもらいました。ここでのワークシートには、活動の中でのエピソードとその時に考えたこと・感じたことを書き出していきます。4期生たちは最初何を書くか悩んでいるようでしたが、いったん書き始めるとスラスラと書けていました。

     

     

    次に、記入したシートを元に、4期生同士でのペアワークに入ります。ここでは、今までの活動を踏まえて、これからの活動でよりよくするためにはどうしたらいいかを考えてもらいました。ペアに「どんなことがあったのか」「どんなことを思ったのか」を伝えることを通じて、似ている経験をしていることを発見したり、全く違う経験から学んだりできたようです。自分の経験から相手の改善案を考えるなど、4期生それぞれがペアのために考える姿が印象的でした。

     

     

    そして、先ほどのペアワークの時と相手を変え、今度はグループで同様の内容について話し合ってもらいました。4期生も自分のことを話すことに慣れてきたのか、エピソードを伝えるのがうまくなっています。高校生・大学生が混ざってもスムーズに話し合いは進み、盛り上がっている様子が見られました!相手が変わることによって、ペアワークの時とは異なるアイデアをもらえたようです。

     

    そしてここからは、来月に控えている中間発表会への準備を兼ねた時間に入ります。

    まずは、発表の方法にもいろいろな種類があることを知ってもらうため、過去のインターン生(1~3期生)の発表を映像で見ました。

     

     

    そして最後に、4期生それぞれが今日のワークを踏まえ、中間発表会での発表内容を考える時間となりました。書き出したエピソード・所感・これから改善することの中から、4分間の発表の中でどれを話すかを考えたり、発表の流れ・時間配分を考えたりしていきます。みんなしっかりと自分の活動をふりかえりながら、スラスラと書いていきます。同じ4分間とはいっても、内容は人それぞれです。本番には、それぞれの個性が出る発表となるといいですね!

     

     

    今回の定例会の報告は以上です。これまでの活動を自分なりにふりかえって、同時にこれからの活動のことを考えるというかなり濃い時間になったようですが、ぜひこれを中間発表会にも生かしていくれたら、と思います。

     

     

    次回は10月15日(日)、いよいよ中間発表会が開催されます。来月の中間発表会で4期生がどんなことを発表するのか、今からとても楽しみです。たくさんの参加をお待ちしています!