藤沢市民活動推進機構

オリエンテーションを開催しました!

    こんにちは!
    「社会を知るためのワカモノ×NPOインターンシッププログラム2018」事務局です。

     

    今年度は、高校生~大学院生までのワカモノ5期生(インターン生)14名と12のNPO・市民活動団体が参加することになりました。

    そんなワカモノと団体の方を対象に
    7月1日(日)に、フジサワ名店ビル6階Cホールにて、オリエンテーションを開催しました。

     

     

    今年このプログラムに参加したメンバーが初めて顔を合わせる機会となるので、
    「顔合わせ」と「インターンでの目標設定」の2つを目的に行いました。

     

    今回は、ワカモノ12名・受け入れ担当の方11名7団体の方にご参加いただき、
    その他にもワカモノOBOGや事務局サポートメンバー5名がお手伝いに来てくれました!

     

     

    ■開会あいさつ
    はじめに藤沢市民活動推進機構 事務局次長・藤沢市市民活動推進センター センター長の細矢より挨拶がありました。

     

     

    ■プログラム説明
    事務局より、プログラムの趣旨やスケジュールなど、インターンをはじめるにあたって必要となる情報をお伝えしました。

     

     

    ■事務局メンバーの紹介
    プログラムの事務局、プログラムの運営に関わってくれているワカモノOBOGによる「事務局サポートメンバー」、そして今回オリエンテーションのお手伝いに駆けつけてくれたワカモノOBOGによる自己紹介タイムです。
    参加者の方に少しでも顔を覚えてもらえるように、「将来の夢」も紹介しました。

     

     

     

    ■自己紹介ワーク
    いよいよ参加者同士でのワークの時間となります!
    ワカモノも受け入れ担当者の方も一緒になって、一人ひとり名前や所属、そして将来の夢を語ってもらいました。
    いくつになっても夢を語れるって素敵ですよね。

     

     

     

    夢の話を通して、これから半年の期間を共にする仲間が、それぞれ大事にしている想いを伺えました。

     

    ■ワカモノOBOGの体験談
    今年参加しているメンバーを知った後は、プログラムでより充実した時間を過ごしてもらうために
    ワカモノOBOGによる体験談をパネルディスカッション形式で行いました。

     

     

    参加者からも質問をあつめたところ、
    「参加のきっかけは?」
    「一番のやりがいは?」
    「学校との両立はどのようにしていましたか?」
    「インターンで取り組んだことを社会にでてどんな風に活かしていますか?」

    など、プログラムに参加した動機や、インターン活動中の想いや、インターン活動の経験が今にどう活きているかといった質問が沢山ありました!

     

     

    ■ワーク「目標設定」
    さて、ここからの時間はメインの1つである「目標設定」のワークを行いました。
    ワカモノは「参加動機」、「インターンが終わる半年後までに得たいスキルや経験(目標)」、そして「将来的に自分がどうなりたいか(未来の目標)」の3つを記入してもらいました。

    また、受け入れ担当者の方には、ワカモノを受け入れる側として、半年の間に身につけたいことを3つ、掲げてもらいました。

     

     

    記入を終えた後は、グループ内で発表しました。

     

     

    これから活動を共にするワカモノや受け入れ担当者の方を目の前にして自身の目標を発表する形となるため、少し照れながらも想い想いに発表している姿が印象的でした。

     

    ■閉会あいさつ
    最後に弊機構副理事長・事務局長の手塚より挨拶を行いました。

     

     

    閉会後には全員で集合写真を撮りました!

     

     

    インターン活動の第一歩ということもあり、ワカモノの表情からは少しの緊張とワクワクしている様子がうかがえた今回のオリエンテーション。
    これからの活動を通して段々と表情が柔らかくなっていく様子が届けられたらと思います。

    今後の情報もお楽しみに!